HUKUとか写真とか

hukuboston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 08日

ホッとした


日記をアップしていないのに(編集も設定変更も何もしていない)
友人達のブログで毎日のように
rssの更新リストに載っていたこのブログ(汗)
rssの不調なのか私のパソコンの問題なのか?
多分前者らしいのだが、とても不安だ・・・
狼少年になったような気分。
今日は本当の更新です。




夏らしい事がほとんどできなかった今年の夏。
写真もほとんど撮らなかったので
まずはこの夏はまって食べ過ぎてしまったモノから。





お世話になりました。職場の売店で売り切れていたりすると寂しかったくらい・・・
b0133509_143340.jpg







築年数の経った家の修理と家庭内引越に追われた夏。
そして夏の終わりにはHUKUの手術。
(腫瘍や傷の写真が苦手な方はここから先には
 進まないでくださいね)






1年以上前から気になっていたHUKUの内股に出来ていた
4mmほどの脂肪のかたまりのようなもの。
赤く腫れる事もなくシンもなく柔らかい肌色のプニプニ。

ボストンテリアに好発する肥満細胞腫[犬猫(犬に多い)の主に皮膚にできる癌]が怖かったので
主治医の先生に相談した。昨年末の瞼の手術時に腫瘍に強い獣医さんにも相談した。
どちらの先生方にも「悪いものに見えない。もう少し様子をみましょう」と
診断されたくらい悪性に見えないプニプニだった。
8月の半ばからそのプニプニが少しだけ赤く硬くなったように見えた。
心配しているよりは調べてもらって安心しよう!と最後の週に
腫瘍に強い獣医さんへ。
この時も先生は「もう少し様子みますか?」とおっしゃった
けれど私の方から細胞診をお願いした。



待合室で脳天気に15分ほど待つ(実は心の中では大丈夫だよね、と思ってた)。
プニプニは肥満細胞腫だった。





注射針で中の細胞を取った後なので赤く大きく腫れているが
これが肥満細胞腫 
(肥満細胞腫は刺激を与えると赤く腫れたり出血したりするのが特徴)
b0133509_1452164.jpg





診断の3日後に手術。
肥満細胞腫の切除に際しては周囲と深さ3㎝ずつのマージンを取るのが望ましい。
周囲は取りやすい場所だったが深さは筋肉を覆う筋膜の一部を切除。
(筋肉を切除すると運動障害が出るため)
近くのリンパ節に転移は見られず。




切除した腫瘍はグレードを調べるため検査に出される(結果が出るまで1週間)
グレードは1から3まで。グレードによって今後の治療方針が決まる。
グレード1なら腫瘍が取り切れていて転移の可能性は低くなり
グレードが上がれば内臓などへの転移の可能性が高いため
術後の治療方針(放射線治療や抗ガン剤・ステロイド薬投与など)
を先生と相談して決めていかなればならない。




HUKUは手術の翌日の夕方には家に帰ってきた。
傷が大きいせいで痛々しいのだが包帯もエリザベスカラーもなしで
痛そうにはしているけれど思ったよりは元気。



手術翌日の傷。6センチ21針。きれいに縫って下さっている。
 (こういう写真が苦手な方、ゴメンナサイ・・・)
飼い主が塗った抗生剤軟膏でテカテカ
b0133509_1472664.jpg






肥満細胞腫の術後は傷がつきにくいため抜糸は2週間後。
ヒスタミン・ヘパリンがたくさん放出されてしまう病気で
消化器官が炎症を起こしやすいため抗ヒスタミン剤とH2ブロッカー+抗生剤を服用。




1週間後、先生から電話。
HUKUの肥満細胞腫はグレード1だった。
ホッとする。





術後10日目。腫れも赤みも引いた。
犬の回復力はすごい
b0133509_1481368.jpg






昨日あたりからHUKUはこの半年ほど見られなかった
オモチャを私に押しつけてくる行動をするほど元気。
散歩についても以前より体力があるほど。
肥満細胞腫ができていると体が不調になる場合があるようだが
HUKUも体調が悪かったのかもしれない。
言葉が話せない犬の様子をもっと注意深く見てあげるべきだったな・・・





今週末には抜糸。
これからしばらく検査はあるだろうし
小さな不安要素も残っているのだが
あまり神経質になり過ぎることなく
HUKUが幸せに元気でいられるようサポートしようと思っている。




HUKU: ちょっと
b0133509_1492514.jpg







H: なんて格好でマテさせるのよ(怒)
b0133509_1494399.jpg








H: もうどうでも良くなってきたわ
b0133509_1495713.jpg







優しく頼もしい獣医の先生に感謝。
一緒に心配して下さった友人達にも感謝。
アリガトウございました。
(ペット保険にもお世話になりました・・・入っていて良かった・・・)






病気の話題にはあまり触れないブログなのですが
犬猫を飼っていらっしゃる方々の参考になればと思い
今回は少し詳しく書かせていただきました。
私は悪モノに見えないという思いこみで1年以上も様子を見てしまった事を
術後グレードの結果が出るまでの間とてもとても後悔しました。
肥満細胞腫は早期発見が重要。
細胞診は高額ではないので、いつまでも消えることのないオデキやプヨプヨは安心のためにも
調べていただきたい思います。

by hukuboston | 2009-09-08 02:00 | | Comments(31)
Commented by いちご at 2009-09-08 06:32 x
HUKUちゃん 本当によかったね
病気乗り越えて またパワーUPしてください。

高額医療費大変ですよねー  うちも ペット保険さまさまです。
Commented by oddo at 2009-09-08 07:32 x
あらためて、こうやって読ませていただいていろんな部分
ハっとさせられましたヨ。ホントに念のためのmmさん希望の
検査だったんすね!(ウチもその状態。気をつけないと…)
mmさん、今回完全にHUKUちゃんの救世主になったんだね!!
あと様子を見る。て中には微妙な「気分」みたいな飼い主にしかわからない部分も含まれると。
HUKUちゃんとmmさんとはひんぱんに会ってるわけじゃないのに
すっごい繋がってる感、なぜかなぜか今回も実感してましたヨ***HUKUちゃんの経過、ますます順調なように祈ってマスヨン


Commented by ぴろ at 2009-09-08 07:55 x
HUKUちゃん本当によかったですね〜。術後もおもちゃで遊ぶようになってホッとしましたね。最近私も3匹の体をくまなく見るようにしています。ねんでも早期発見が一番大事、気になる事があったらすぐに病院に行くのがいいんですね。
Commented by ともきち at 2009-09-08 09:14 x
う~ん‥オデキ、気をつけよう。
ちっちも時々現れるので消えないモノは要注意しなくちゃなんですね‥
でもHUKUちゃん、すっきりしてよかった。
涼しくなるし、パワー全開も近いかな~♪お大事に‥

ペット保険、やっぱり入ったほうがいいかもって気になりました。
もお4才もみえてきたし‥
でも、信頼できる獣医さんがいるって心強いですよね。

そうそう、ちっちのブログでも頻繁に更新状態に‥ホンモノだ(笑)
Commented by tanran at 2009-09-08 09:37 x
わー、これはビックリ。
傷を見るのは何ともないけどかなり大きく切除するんですね。
HUKUちゃんってどこもかしこも柔らかそうだからよけい痛々しい。

先生に様子を見ましょうって言われると
どうしたってそれでいいのかな、になってしまうし。
飼い主自身の判断も大事なんだなあ。


にしても、この先生縫うのがお上手。笑
きっと傷も大きく残らずに済みますよ。
レディだもんね、よかったね。

ペット保険、うちはやめちゃったけど
これから先のことを考えると入っていたほうがいいかなあ。。。また悩む。



Commented by RIKAX at 2009-09-08 09:48 x
風の噂で聞いて、心配しておりました。
転移が無くて良かったですね。本当に良かった…。

もし私でも「様子見ましょう」って言われたら
1年半…いや、それ以上様子を見てしまってたと思います。
意を決して検査して本当に良かったですね。
HUKUちゃん、傷が治ったらカンベエとデートしてね!
ペット保険、私も1年前にやめちゃってるけど
今ちょっとまた入ろうかと悩んでます。
Commented by ちよちよ at 2009-09-08 09:50 x
いやー、HUKUちゃんよかった。
読んでてドキドキしちゃいました。
ハギもお腹回りがポチポチできやすいので、
ちょっと気をつけてみてみます。
詳しく教えてくれてありがとう〜。
Commented by ともぶ~ at 2009-09-08 09:52 x
ホントにホントにホントによかったぁ~~~!!!
体のチェックは大事ですね~
先生が様子を・・・っと言うほど肥満細胞腫の判断は難しいんだなぁっとびっくり。
少しでも気になったら検査、っですね。
私もぶっさんの体のチェックをちゃんとしよ~!
やっぱりペット保険入ろうかなぁ~・・・

ホントにホントによかったです!
HUKUちゃん・mmさんお疲れ様でした☆
Commented by izu at 2009-09-08 10:43 x
よかったですね。
うちも、腫瘍ができて、しばらく放置してたから、もっと早く手術してあげればよかったなと思います。入院は大丈夫だったんですね。イッチくんは、入院も駄目で、あれで少しだけ精神的にもまいっちゃったみたい。
後悔は本当に先にたたず。
Commented by parfum_calme at 2009-09-08 11:35
HUKUちゃん、大変でしたね。
でも順調に回復している様子だし、ひと安心。
我が家にはインコがいますが、いつも元気です。
でも獣医さんが「インコは元気がない時も人には元気があるように振る舞ったりするんですよ」とおっしゃっていました。
だから私も動物は痛いとかつらいとか話せないから、
人間がもっと注意深く見なければ・・・と思っています。
でも、HUKUちゃんのは1年以上も前からあった腫瘍でも
グレード1から進行することがなかったってことは今が手術する時だったんですよ、きっと。

私の夏はガリガリ君にお世話になりました。
Commented by みやこ at 2009-09-08 12:16 x
グレード1!
よかったですね~!!
にっくき肥満細胞腫。
誰かにできると次々と見つかりますね。
手術以降、どんなに小さなニキビみたいなもので検査してます。
小さいと細胞取るのが痛いみたいなんだけど、取り返しがつかないことになるのがいやで、まめには我慢してもらってます。

HUKUちゃん、早く抜糸できるといいですね♪
Commented by くま at 2009-09-08 14:06 x
㎜さん。
そんな大変な事があったんですね。
こうやって記事にして頂いて、ありがたいです。
我が家も体は毎日触ってチェックするようにしています。。
が、ニキビ的な物をもっと注目するように心がけます。

「あまり神経質になり過ぎることなく」・・・
これってすっごく大切ですよね。

HUKUちゃん、回復が早く
そして元気になってきてて安心しました☆

rss調子悪いですよねー汗
うちのブログにも、HUKUちゃんブログ毎日載っていましたー
狼少年・・・笑
Commented by 道具屋 at 2009-09-08 18:19 x
HUKUちゃん、元気になってなによりです。
最近、身近で手術をした人が二人ほどいたこともあって、
健康のありがたさを実感してました。
心配しすぎるのもいけないけど、注意は忘れちゃいけない。
それは、人も犬もみんな一緒ですよね!
元気になって、走り回って、被写体になってもらわないと(爆)
Commented by POCOCO at 2009-09-08 22:08 x
よかったです。HUKUちゃんも早期発見してもらって、mmさんに感謝していることと思います。お互い、もっと一緒にいたいと思ったから、このようなよい結果になったのでしょうね!!!!!!!!!

動物は人間より体が小さいし、言葉が発せ無い分、いかに早く対処してあげられるかが大切ですね。私も以前同じような経験をポコちゃんでして、気をつけるようになりました。そうすると、以前よりも体調の変化に敏感になれて、ある意味楽しいです。
あまりに敏感になりすぎて、病院に駆け込み、「人間にも体調の良い日と悪い日があるでしょ・・・元気ですよ、この鳥・・・」
といわれたこともあります。でも、それ位でないと、動物の病気は発見できませんよね。


これからもmmさんとHUKUちゃんが楽しい日々を送れますように!!!!!!
Commented by アッコ at 2009-09-09 12:00 x
きれいに縫われた箇所、
先生選びも大切だなとあらためておもいました。
HUKUちゃん、元気で良かった!!
mmさんの言葉(神経質にならないように)、
私も昔は神経質すぎたのがアダとなってたので
今は昔ほど神経質じゃなく
落ち着いていられます
大事ですよね~

早く完全復活しますように☆
Commented by kwauch at 2009-09-09 12:35 x
こんにちは!
大変な夏でしたね…。
家族の手術、心が痛みます。でも、HUKUちゃん、元気になって良かった…!!お大事に☆

ハードな夏の疲れが出る頃合、mmさんも体に気をつけてくださいね♪
Commented by hukuboston at 2009-09-09 15:00
☆いちごさん
サプリどうもありがとう。
酵素はダメだったけれどこちらは大丈夫みたい。
フードに混ぜてますが美味しそうに食べてます。
私も食べてみたいくらい良さそうです(笑)
お気遣いアリガトウ!!!

☆oddoさん
いろいろ話聞いてくれてアリガトね。
自分の健康に関してはすごいルーズでいい加減なくせに
愛犬に関しては結構せっかちで心配性だったりするので(笑)
細胞診の結果がその場で出るこの先生のところが精神的に楽だった。
ホント近いのに頻繁に会えてないけど連絡は取れてるね(笑)
オッド君に忘れられないようにそろそろ会わないとね~。
Commented by hukuboston at 2009-09-09 15:09
☆ぴろさん
診察後はやっぱりドドド~ンと落ち込んでいたのですが
グレードがわかる直前くらいからちょっと立ち直ってきてました。
とりあえずホッとしました。
このプニプニじゃないニキビは調べてもらった事があったんだけどね。
こっちは油断してたな・・・(泣)
中年犬になったらいろいろ注意してあげないと、と思いましたよ。
3匹のボディチェックがんばってね。

☆ともきちさん
神経質になり過ぎず、しばらく直らないオデキは気にしてあげた方がいいと思います。
ボストンにこの病気多いからね~。
HUKUはアレルギー体質で常に体中にプチプチが出来てるから
今度から油性ペンでしるし付けておこうかしら(汗)
ペット保険、去年の瞼の手術と今回の手術で大変お世話になってます・・・
Commented by hukuboston at 2009-09-09 15:34
☆tantanさん
そうだね、先生縫うの上手だよね。
感心しながら縫い目の数を数えてしまいました。
肥満細胞腫は切除する部分が大きいから
犬の体にも負担がかかるよね。何度も受けさせたい手術じゃないです(泣)
HUKUは柔らかいから皮膚が取りやすいとも言えるみたいよ。
ペット保険、HUKUはゼロ歳から入っていて
一時は「あぁ、無駄遣いだな・・・」と思っていたけれど
やっぱり入っていて良かったです。

☆RIKAXさん
心配して下さってありがとう。
今週末の抜糸の時にまた検査があるみたいですが
このまま何事もなく回復してくれる事を願ってます。
暴れても傷が開かないようになったらデートしましょうね~。
いざという時、保険はありがたいと感じましたよ。
Commented by hukuboston at 2009-09-09 15:34
☆ちよちよさん
ハギくんもポチポチが出来やすい体質なんですね。
HUKUも年がら年中できているので
注意して見ていないと何がなんだかわかりません(泣)
長く治らないモノは注意してあげてね。
私もドキドキドキドキしました・・・
今はちょっとホッとしています。

☆ともぶ~さん
HUKUは家でも洋服着せてるから
洋服を着替える時とお風呂に入る時しか
全身が見られないのも良くないかも、と思ったよ。
ぶっさんも基本洋服着て過ごしてるよね?
今回はいつでも見れるお腹だったけどね。
肥満細胞腫はいろんな形で出るので見た目だけじゃ判らないんだそうです(泣)
恐い腫瘍ですよね・・・
Commented by hukuboston at 2009-09-09 15:41
☆izuちゃん
1年以上様子を見ていたのにあまり進んでなかったので
本当に良かったです・・・
HUKUはペットホテルに泊まる事があるから入院は大丈夫な方かも。
今回も一泊だけだったしね。
イッチくんは体は大きいけれどデリケートな子だったんだね~。

☆parfum_calmeさん
今朝も手術前より元気な感じです。ウザイくらいです(笑)
友人達がインコを家族にしていますが、とってもデリケートですよね。
鳥や犬の言葉がわかればいいのにね。
そういえば以前「犬と話す方法」みたいな本買って読んだんだった。
信じきれずに実行しなかったのでした・・・(汗)
ガリガリ君は若者のアイスなんだよ、って若者に言われた事があるの。
parfum_calmeさんは若者だ!
Commented by hukuboston at 2009-09-09 15:57
☆みやこさん
今回、まめ君の時にドキドキした事を思い出しましたよ・・・
肥満細胞腫は飼い主の心にけっこうキツイ病気ですね(泣)
グレードの結果待ちが辛かった。
HUKUは肥満細胞腫ができやすい体質だから
これからも注意してあげないとだな。
でもね、常に小さいニキビはたくさん出来てるからね・・・(汗)
まめ君はみやこさんに見守られて安心だね。

☆くまさん
今年の夏は夏休みがないような感じでしたよ・・・
腫瘍とか傷口の写真を載せるの、考えたんだけれど
見てもらうのが一番わかりやすいかな、と思いました。
HUKUの場合、プチプチがいっぱい出来てるので
神経質になっていられないって話もあるんだけどね。
でも飼い主の勘は結構当たるようにも感じました。
狼少年・・・まだ続いてるよね?なんで??(泣)
Commented by hukuboston at 2009-09-09 16:04
☆道具屋さん
そうですね、心配し過ぎることなく注意するのが一番ですね。
私の場合は自分の健康には注意が足りなさ過ぎる状態ですが
ペットの健康に関しては心配性です・・・
病気になってみないと気付かないことがたくさんありますね。
治ってしまうとまた忘れてしまったりするのですが。
涼しくなったら海岸あたりで被写体になってもらいたいです。

☆POCOCOさん
まずは一安心だよ・・・
強い強い念を送ってくれてアリガトね。
ポコちゃんが病気の時のPOCOCOさんの力強い対応(というか迫力)を
忘れられません(笑)
ポコちゃんもHUKUも幸せな老鳥・老犬になれますように!
Commented by hukuboston at 2009-09-09 16:10
☆アッコさん
腫瘍を専門に勉強された先生なので(まだお若いんだけれど)
オペには慣れていらっしゃるんだと思います。
美しい縫い目ですよね~。
週末に抜糸を終えれば普段の生活に戻れるかな。
手術前よりも数倍元気でウザくなりそうな予感がします。

☆kwauchさん
割合と傷口が大きい手術だったのですが
犬の回復は早くて今は私が心配するくらい
家の中で飛んだり走ったりしています(汗)
犬や猫と話してみたいですよね~。
涼しくなってから夜更かしができなくなっていて(起きていられない)
睡眠時間が増えているので私は元気です(笑)
Commented by jungaro at 2009-09-09 22:47 x
最近mmさん忙しくされてて更新なくて寂しいと思ってたら
大変だったんですね~
HUKUちゃん、本当に良かった(涙)
肥満細胞腫ってとっても怖いですよね、グレード1で本当に良かった!
早期発見って大切ですよね。
肥満細胞腫ってボステリなりやすいんですよね?
ガロも気付いたら首におできみたいなのが出来て獣医にさんに診て貰い
組織検査をお願いした帰り道、ガロをカゴに乗せてもし肥満細胞腫だったらって泣きながら帰った事ありました。
でも運良く肥満細胞腫ではなく組織細胞腫瘍ってので大丈夫でしたが。
本当に気を付けて毎日体をチェックしてあげないとダメですよね。
HUKUちゃん、mmさんのお陰で早期発見出来て良かったね。
手術辛かったね、早く元気になっていつものHUKUちゃんに戻れますように!
Commented by tibisuke0707 at 2009-09-11 00:37
HUKUちゃん、術後の経過も良いようで良かったです。
ホント、犬とか猫とかって我慢しちゃうから、
人間がちゃんと見ててあげないとですよね。
mmさんが早くに気が付いてあげられて良かったですね。
家も数だけはいっぱい居るから、大変だわ。
涼しくなってきたし、走りまわれるまであとちょっとだね。
HUKUちゃん頑張れ。

私は宇治金時・抹茶金時まみれでした(笑)
Commented by やよいちゃん。 at 2009-09-11 10:12 x
すんごいお久しぶりです~!
時々読み逃げさせていただいておりましたが(笑)・・
いつも素敵な写真にため息でした☆

FUKUちゃん、大変でしたね。
ぷうぽんと同じ先生だと思うんだけど、そうですよね?
L先生なら大丈夫ですよ~今後のケアも安心ですね。
すご-く大きく切るけど(ぷうさんは後頭部だったの)すぐに目立たなくなりましたよ。FUKUちゃんの回復もすぐですね。

それにしても・・
数々の傷の写真みたけど、こんなに美しいのは初めて見ました(笑)
グロくない様に撮れてるし~・・流石ですねっ!
私・・・とにかく落ち込んでて撮らなかったんですよ・・今となっては後悔。
だって耳から耳までのすんごい傷だったんですよ~(笑)
Commented by hukuboston at 2009-09-11 16:18
☆jungaroさん
なんだか落ち着かない夏が終わってしまいました。
友人達の家族のボストン達に肥満細胞腫の手術を受けた子がいるので
以前から知識はあったんですけどね。
グレードによって術後が大きく違う恐い病気ですよね・・・
ガロ君も検査した事があるんですね。
週末には抜糸の予定なのでHUKUの復活までもうちょっとです!

☆tibisukeさん
tibisukeさんのお宅にも守るべき愛する猫さん達が
いらっしゃいますものね。
この腫瘍が体に出来てると消化器系の具合が悪かったりするみたいで
今思えば普段は胃腸が強いHUKUの調子が少し悪かったかな・・・
夏バテかと思ってたかも(汗)
6歳半の立派な中年犬なので、これからはもっと気をつけてあげないと、と
思ってます。
宇治金時と抹茶金時。「しろくま」よりずいぶん高級感があって大人な感じです(笑)
Commented by hukuboston at 2009-09-11 16:29
☆やよいちゃん
お久しぶりです!
こちらこそカワイイぷうぽんさんの姿やハワイの青空を読み逃げさせて
いただいてます(笑)
今すぐハワイに行きたくなる画像だらけでしたよ~。
昨年末の瞼の良性腫瘍の手術と今回の手術。
L先生にはお世話になってます。
ぷうさんの日記を読ませていただいてるので
一層安心して治療をお願いしています。やよいちゃん。のブログのおかげです。
転移の形じゃなくてもHUKUもまた肥満細胞腫ができる可能性があるので
気をつけてあげようと思います。
耳から耳への傷!!パグさんは頭の皮膚が柔らかそうで良かったね・・・
今年の夏はなんだか落ち着かなくてほとんどカメラを触ってません。
久しぶりに撮ったのが腫瘍と縫い傷・・・(笑)
子供の頃から傷とか血とかにエラく強いんです。
ジ~~~と観察するタイプ(笑)だからグロくないのかな?(笑)
Commented by ペコ&ユッコ at 2009-10-13 10:32 x
mmさんごめんなさい!!
このたびメッセージいただくまで、
ずっとHUKUちゃんの肥満細胞腫のこと、知らずにいました。
いつも励ましてもらう一方でスミマセン、、

HUKUちゃんの肥満細胞腫の出来た場所と、
ペコに出来てた場所(1回目の手術のとこ)、
背中側とお腹側の違いはあれど、
ほとんど同じような箇所のようです。
(せめて)毛の薄いところ・発見しやすいところに出来てくれてホントによかったですよね。
傷の縫合もとっても綺麗ですし、
腫瘍専門の先生とのことですので、
きっと安心してHUKUちゃんを任せられますね♪

私も最初の肥満細胞腫、発見から切除まで、
1年近くかかっちゃいました。
まさかそんな病気とは疑いもしなかったので。。
今後は、そのときの反省を活かして、
もしおできが出来たらとにかく検査!!とは思ってるのですが、
でも見つけたそばからどんどん手術しててホントにいいのかな、、という不安もあり。。

これからも遊びに来ますので、よろしくお願いします!


Commented by hukuboston at 2009-10-13 20:45
☆ユッコさん
こちらこそせっかくの連休中なのに
質問に答えていただいてしまってごめんなさい。
ペコくんの肥満細胞腫はしこりっぽい感じだったのかな。
HUKUのは本当に柔らかくて何のシンもないぷよぷよな物だったから
いろんな形で出てくるところがまた嫌なヤツですね(泣)
ユッコさんがペコくんに出来る事、頷ける事ばかりです。
特に「たとえば急いで手術を受けさせること、
たとえば無理に手術を受けさせないこと」
私も今まさにそう考えていました。
犬達にはきっと病気の不安はないのでしょうから
飼い主の心の不安はしっかり隠して
楽しく明るく過ごて行きましょう!!
コメントありがとうございました。

そして遅ればせながらリンク貼らせていただきます。
よろしくお願いします♪


<< 新しい場所      しばしのお休み >>